スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

上あごにもシミ

突然ですが、我が家のお嬢様達は、上あごに黒いシミがあります。


2012030301.jpg

アクビシーンを撮影


見えにくいですかね?



こっちは、もう少しわかりますか?

2012030302.jpg

体にも縞模様の柄があるせいか、皮膚に柄が出やすいのかな?
って勝手に解釈してます。



その証拠に、同じく体に柄のある雪ぽんも・・・

2012030303.jpg

暗くてちょっと見えませんか?



↓ボケてる写真ですが、こっちの方がシミが鮮明かも

2012030304.jpg

どうでも良い事ですが、決してヤラセではなく、ママと一緒にいる雪ぽんです^^;



ちなみに雪ぽんは、右の下唇にも黒いシミがあるんですよ!


よくわかるように見せてくれる?雪ぽん?

2012030305.jpg


て事で、一発お願いします


2012030306.jpg


ホラッ!ほら~、見えますよね?右下の牙の真横に黒いシミ!


2012030307.jpg


分からなかった方はリクエスト下されば、いつでもアクビを再現してくれるそうです。


2012030308.jpg

あ~・・・今日はひな祭りだったね・・・



そのシミもアナタ達の立派なチャームポイントなのだから
お祝いに相応しいよ!うん!


皆様のお子様の、上あご事情はいかがですか?

ランキング参加しています ポチっと応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング          ブログ村

| 動画付き | コメント(7)

テレビを見て学ぶんだ

日曜の夜のこと

ミーたんのお気に入り番組「ダーウィンが来た」を見ていると


珍しく雪ぽんがテレビに釘付け。

2012030701.jpg

テレビはあまり見ないのに珍しいな。


今回の特集はアリ。 ひょっとして昆虫系が好き?

熱心にテレビを見る様子です↓動画↓





今回は南米のアリの話でした。

巣を作る時は複数の女王アリが共同作業で作るのに
巣ができてしまうと弱い女王アリは滅びるという話で・・・

2012030703.jpg


共同作業でなければ巣はできない。
けれども一度できてしまうと弱い者は用済みって訳だ。


2012030704.jpg


動物モノはカワイイシーンも多いけど、今回のアリ特集、
昆虫系が苦手な私には少々グロイかも・・・


2012030705.jpg

と、あちこちカユくなりつつ見てたけど、雪ぽんは真剣そのもの。


しかし、巨大な巣も、敵(同種のアリ)の侵略により、
何年もかけて作った巣が、またたく間に滅びてしまう、というお話、、、

2012030706.jpg

いや~、このアリンコを6年も8年もかけて取材してる人達ってすごくね?
と、私としては関係者の努力を労いたい気分だけど

この方は・・・

2012030707.jpg

アナタが学んだ教訓はそれですか(。-人-。)



アリって役割分担に無駄が無く組織的で軍隊みたい、と思った。
前に、外来種によって日本の在来種のアリがピンチ!
という番組を見た事あるけど、そうか、軍隊同士の戦いなのかも
と今回の番組を見て思ってしまい・・・


やっぱり女も強くないと?!

ランキング参加しています ポチっと応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング          ブログ村

| 動画付き | コメント(9)

納得行かないゴハン

キッチンで作業中。

背後からキョーレツなおねだり声が聞こえて振り返ると。。。

2011030901_20120308000542.jpg

空っぽの皿を前に、無視できない視線を投げかける猫が一匹・・・



既に規定の量をあげてるはずだけど、放っておくと異常にいじけるので
やむなくロイカナの「肥満傾向の猫用」餌を取り出してみる・・・

2011030902_20120308000550.jpg


これさえ既に分量外だと言うのに


2011030903_20120308000557.jpg

本人は、このダイエットフードじゃ納得行かない様子。




あのね、ミーたん。アナタは既に本日の必要カロリーを摂取したのですよ?
それ以上もらえる事自体が特別待遇な訳で・・・

2011030904_20120308000603.jpg

へっ?さっき寝っ転がりながら猫じゃらしを数回突っついたこと?



あれを運動なんて呼んでるようじゃ、ますますコレしかあげられないなあ・・・

2011030905_20120308000607.jpg

あーうっせーうっせー(-""-;)




・・・て事で結局「標準的な成猫用」の餌に変更する

2011030906_20120308000614.jpg


期待マンマンの視線で見ていたが


2011030907_20120308000617.jpg

アナタ、もしやウェットとかシーバとか、そういう御馳走を期待してたわけ?


これだってアナタには禁断の御馳走なはずよ?(体型、標準的じゃないのに)

2011030908_20120308000627.jpg

文句言いつつも食べる、、、と。( ̄- ̄)



=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=

オマケの話。

この「標準的な成猫用」の餌は、主に雪ぽん用。

2011030909.jpg


これを雪ぽんにあげる時に、必ず私が語りかけるのが
「標準的な体型のアナタは、標準的なゴハンを食べなさいね」ってセリフ。


2011030910.jpg


それに続いて
「ありふれたアナタは、ありふれたゴハンを食べなさいね」
ってセリフも必ず追加。


2011030911.jpg

やっぱそうだよね(。-人-。)



スミマセン、全く何の意味もありません

我が子に対して無意味な事を語った時の反応、
神妙な表情を見るのが好きなんです。


絶対猫には通じねぇべ?って内容の突っ込み入れたり
そういうこと、ありますよね?( ̄ω ̄)


ランキング参加しています ポチっと応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング          ブログ村

| 日常 | コメント(11)

風呂前の「ぱぁ~っ」の儀式

お風呂大好き雪ぽん

フタの上で私が来るのを待っている。

2012031401.jpg


「雪ぽん、お待たせ~」とお風呂に入る時、必ず出るのが・・・


2012031402.jpg

アクビ。。。

何故かは不明。だけど、必ずやってくれる。




雪ぽん、スッキリした?

2012031403.jpg







また別の日も。


2012031404.jpg

こうして、私のお風呂を待っているから


「雪ぽん、ぱぁ~、は?」と問いかけると・・・

2012031405.jpg

ちゃんと、やってくれる







ついつい、面白くて再チャレンジ



「・・・雪ぽん、ぱぁ~、は?」

2012031406.jpg

渋ってるのかな・・・



「・・・雪ぽん、ぱぁ~、は?」

2012031407.jpg

やった、やった




・・・と言うのが、お風呂前の儀式になってます。



↓動画です↓




2番目の動画は、半ばイヤイヤやってる感じもあります
(雪ぽん、ぱぁ~、はっ??と私に散々言われている)


一体何を表現しているのか

ランキング参加しています ポチっと応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング          ブログ村

| 動画付き | コメント(11)

猫の散歩とは

猫の散歩と言うのは

2012031701.jpg


こうして軽快に歩いている時間はまれで


2012031702.jpg


むしろ、こんな風に熱心にニオって、周囲の猫社会の情報を得たり


2012031703.jpg

自らの匂いをつけ、その猫社会に参加したりする事で忙しい。





2012031704.jpg

どこまでもマイペースな猫の散歩は


歩いていたかと思うと突然

2012031705.jpg


思い立ったようにニオイ付けを始めたり


2012031706.jpg

そのままそこで毛繕いタイムに突入したりもする。



そうかと思うと突然座り込み

2012031707.jpg

瞑想にふけったりするから
そこに一緒に佇み、付き合ってあげねばならない。


そんな時間に飽き飽きしてボンヤリしていると

2012031708.jpg

ハッと見た時には、よその家のお宅の植物をかじろうとしていたり
細い隙間から新入しようとしていたり、塀に乗っていたりするから
片時も目が離せないのだ。
更に、車、散歩中の犬、子供が横切る時には大いなる注意が必要だ。




それにしても・・・

2012031709.jpg

そこまで熱心にニオイつけする必要、あるのか・・・?( ̄- ̄)







今日はあいにくの天気


散歩に出れず恨めしそうに外を眺める猫は・・・

2012031710.jpg

頬が真っ黒である。。。(日々の、熱心なニオイ付けの証)



初めて散歩に連れ出そうと、2匹にリードを付け一緒に玄関を出た瞬間に
全く別方向に歩きだした我が子らに大慌てした記憶が。。。

何匹も一緒に散歩させる光景は
犬には普通でも、猫には不可能だと言う事が初めてわかった。
(足並みを合わせるという発想がないらしい)


総じて猫の散歩とは、飼い主にとって
・運動にならない(猫が動かない)
・匹数の分だけ時間がかかる(一緒に散歩は無理)
・忍耐力を要する(マイペースな行動を容認)
・不審者と思われる可能性がある(よそ様宅前で数分間ジッとしてる事も)
・退屈でも目を離せない(一瞬のスキに何が起こるか不明)
・そして、カワイイ我が子が汚れるのを容認しなければならない
等々問題アリ・・・

・・・なので、お勧めできるものでもありませんが
猫のお散歩は目を引くようで、たまに声をかけられます。


飼い主としては、諸々覚悟が必要です!


ランキング参加しています ポチっと応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング          ブログ村

| 日常 | コメント(9)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。