スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告

誤食した物

雪ぽん誤食ネタの2回目。



今回雪ぽんが誤食したレインボーボールは、過去にも紹介した事があるので
記憶にある方もおられるかと(↓以下は昔撮影した写真)

2013122901.jpg

この発泡ウレタン(かな?)の噛み心地が雪ぽん的には最高らしい


湯船から取った後は「プツッ。プツッ。」と気持ち良さそうに音を立てて噛む。
取り上げようとしても放さない為、取り合いしてる間に少量誤食された過去も。
やがて私も学んで、上手な取り上げ方をマスター。


2013122902.jpg

そうやってコマメに取り上げても、一度捕獲すると少なくとも数回は噛むので
このボールはおろして約2ヶ月で穴だらけ、
上↑の写真のようにグンニャリしてしまう


こうなると、一層口に入りやすくなる為、ほぼ2ヶ月で新しい物をおろす羽目に

2013122903.jpg

新しい物は、ツルツルしており爪の引っ掛かりが悪く
新品が湯船に浮かんでいると、捕る時の難易度がアップし
それに一層燃えて遊ぶ雪ぽんだった。


そんな雪ぽんの姿を見たくて、このボールを大量に買い込んでいた私

2013122904.jpg

過去に誤食されるたび、このオモチャの代替え品を探したけれど
(過去に「お風呂オモチャを探して三千里」というタイトルのシリーズ記事あり
まあまあ、と言うのはあっても、このボールほど喜ぶ物はなく。


くわえた時の取り上げ方もマスターしたし、あとは遊んだ後に
必ず片付ける、を心掛ければOKよね!と思っていた・・・




・・・結果、今回の手術騒動に。



遊んだあとは、絶対取れない場所に隠すよう心掛けてたけど
それでも時々「ちゃんと片付けたよね?」とヒヤッとして風呂場に戻る事があった。
実際、ニアミスもあった。
また、同居人(旦那)に同じ厳重注意を強要するのも無理があったと今は思う。
とにかく、絶対大丈夫!なんてこと、あり得ないのだから。



最初の診察で(レントゲンに写らない素材なので)判定しかねて先生が
先生 「本当にオモチャ、食べましたか?」
私 「絶対食べました!」
先生 「食べてる所を見たんですか?」
私 「見てないけど、絶対食べました!このオモチャ食べるの大好きなので」
先生 「そんな危険なオモチャと知って、どうして使うのですか?


・・・もう、全く先生のおっしゃる通りで・・・


だってだって、あれが一番好きで、喜ぶ姿を見たくて
などと説明したところで、ダメ飼い主ぶりを見せつけるばかりなので
言い訳のしようもなかったが。。。






で、ここからは、ちょっと汚い話

誤食の後、雪ぽんがトイレで大をしていると

20131229000.jpg

すかさず、便の内容物を調査しに行った私。

もちろん、ボールが出て来るのを待ちわびていたから。




しかし在宅時はともかく、留守中にされると
ミーたんのか、雪ぽんのか判別がつかない。



よって、全て解体して熱心に探すのだが、そこにはカケラの1つもなく
「・・・これはミーたんのだ。。。(_ _|||) 」とガックリ来る羽目に

2013122906.jpg

いいの、いいのよ・・・立派なは健康の証。
でも、自分のやってる事と、期待への落胆が激しくてね・・・(T-T)


結局、誤食後2~3日は、その前に食べた物が細々と出ていただけで
その後は食欲が落ちた事もあり、ほとんど大をせず。


最後に大をしたのは22日。しかも、1センチくらいのを2粒だけだった。



そして、胃を切って出てきたのが、コレ↓(内容物を病院から頂いた)

2013122907.jpg

組み立てたら、確かにボール1個になりそう・・・


1個あたり、かなり大きい。
これじゃ胃から腸に行けないだろうし、内視鏡で取るのも困難かも。

2013122908.jpg

食べてもいいけど良く噛めよ、って教育すべきだったかな
(そうすれば便と一緒に出てきた)


とにかく、この忌まわしいボール。これを機会に全て処分することに。




それと、もう一つ処分すべきはこのマット!

2013122909.jpg

(↑ミーたんは果敢にも爪とぎ利用しようとするが、引っかからず)


同じような発泡素材でできている為、噛み心地が良かったらしい

2013122910.jpg

まさかこんな大物に挑むとは?!と驚きつつも
これを見てギョッとし、慌てて押し入れに仕舞い込んでいた。
・・・が、これもこの機会に全部処分することに。




猫の誤食なんて私は知らなかったけど、今回の事で色々調べたら結構あるらしい。
猫に多いのは紐系、ビニール系。
「ボールを食べるのはワンちゃんが多いですね・・・」と先生に言われたけど
発泡素材の物を食べちゃう猫ちゃんて、案外いるよう。


調べると、ワンちゃんは実に様々な物を誤食するらしい。
なるほど、口も大きいから大型犬だとスゴイ物を食べるんだなあ、と
驚くやら、自分が飼い主だったらパニックになっている事だろう、と
様々な症例から回復した子達の記事を見ていると本当に励みになった。


それと、誤食してから相当長い期間、平気にしてる子もいるらしく
(1年近く胃にあって、他の手術をした時に出てきた例もあるとか)
通常通りに暮らせるなら別に異物が胃にあっても問題ないと言う事か・・・?
とにかく、アワアワしていた自分は少しずつ冷静さを取り戻している。





しかし!!(昨日、12月28日の面会時の様子↓)

2013122911.jpg

面会時に元気だったのは、手術当日だけで、それ以外はボーっとしているか
昨日のように、寝ていてこちらを見もしない、という事も。


砂を散らかすだけ散らかして、小はするが大は一度もしていないらしい。



心配になってあれこれ尋ねる私に先生は
「手術は成功しているので心配ない、傷口も順調、手術直後が一番元気で
逆にどんどん弱ってくる、という子もいる、入院が長期化するストレスかも」と。




更に今日、12月29日の面会では熱もあったのだ!

2013122912.jpg

どうにか大をして欲しくて、自宅から持参したいつものトイレを
無理を言って面会時のみ、とケージに入れさせてもらった。。。
が、ボーッと見てるだけで使用せず。
そのまま、またグッタリと寝てしまった。


退院予定は大晦日だが、調子が良ければ明日(12月30日)にお迎えOKと言われていた
なのに熱とは・・・もう本当に本当にガッカリで。。。
できれば明日連れて帰りたい、という意向は先生に伝えたのだが、どうなるか。



トボトボ帰宅し、ぐるぐると考えている、今。

日頃、ワガママ放題で片時もジッとしていない雪ぽんにとって
病院でのケージ生活は想像を超えるストレスなのではないかと。
しかも、大大大嫌いなエリカラまで付けさせられて。
食の好みが激しいワガママっ子なのに療法食なんて絶対無理だ。

どれを取っても雪ぽんには耐えがたい苦痛で
従って、もし熱があっても自宅で静養した方が治りが良いのではないか?
と明日先生に相談し、許可が出れば迎えに行きたいと思っている。
万が一、連れ帰って具合が良くならなくても
年中無休で病院が開いているのは心強く、すごく有難い。



住み慣れた我が家の方が、絶対に治りが早いと勝手に信じている。。。
私とて、もう重度の雪ぽん欠乏症になっているし
明日、なんとしてもお迎えに行きたい!!と勢い込んでいる次第です。



ランキング参加しています ポチっと応援して頂けると嬉しいです
人気ブログランキング          ブログ村

| 病院・健康 | コメント(7)

コメント

退院希望!


誤食レポ2回目どうもありがとうございます。
大変興味深く拝見させて頂きました(とても他人事では無いので)

そうですよね、大好きなおもちゃだと、遊ばせてあげたいと思うのが親心ですよね。
雪ぽんったら、親の心子知らずだーーー!

雪ぽん、入院のストレスかな?
術後の経過が良い様なら、自宅療養の方がくつろげますよね。
明日、退院できます様に。

我が家の誤食の歴史は・・・
食パンの袋の針金を丸めて転がすのが大好きだったぴろしきさんが昔、遊んでいる間に一部飲み込んで、それ以来針金は放置厳禁。

誤食の女王はルカさんです。
洗濯物を部屋干しする時は、紐やニット系の袖が垂れ下がらない様、何か所も止めて干しています(特にストッキングは怖いので、折り畳んでバスタオルの内側に干す)。
スウェットのウエストに付いている紐も、引き抜いて捨てました。
紙袋の持ち手の紐もターゲットなので、放置禁止。

お医者さんによると、誤食してしまう子はそういうクセなので、今後も気を付けて付き合っていくしかないとか。
私も油断しない様、気を付けなきゃ。

2013年|12月|29日|23:21 |from ぴろりん| URL

No title


くろまるさーん!お疲れさまです!
雪ぽん、手術成功よかったですっ
きっとすぐ元気が戻ります。

発泡素材、茶色が噛みます。
食べないけど、スリッパ代わりにしているサンダル
常時歯型がいっぱいです・・・
ビニールも飲み込まないけど噛むので、
洗剤などの袋は買ってきたらすぐにしまわないと危なかったり。
(カリカリの袋も噛むけど、中身が食べたくてではなく袋を噛みたいだけみたいです・・・)

お客さんとも話すことがあるのですが
おもちゃでなくても、生活の中にあるもの
洋服の一部とか、ビニールなどしまえるものはまだしも
カーテンとか敷物はしまえないものが多いし
落ちた髪の毛など不可抗力なものもあったりですね。

すぐに誤食がわかっていたから手が打てて本当によかったですね。
お皿をチョイチョイの雪ぽん、見回るーーー!の雪ぽん、待ってます!!

2013年|12月|30日|02:09 |from ぴか| URL 【編集】

ぴろりんさんへ


ぴろりんさん、またもコメント頂きましてありがとうございます~v-353

こちらこそ、大変興味深く拝見させて頂きましたよ!!
ルカさん、すごいですね。守備範囲が広い・・・

ストッキングをバスタオルでくるんで干すなんて芸当、よく思いつきますね!
衣類なんて、隠しようがないから
気を付けると言っても限界があるような気がするのに
よく気を付けていますね。
私はズボラなので、何度も開腹手術させちゃう気がします><
持ち手の付いた紙袋なんて、部屋のその辺に転がってますもの(笑)
猫の趣向によって、飼い主も色々と苦労が違うものですね。

でもぴろしきさんもルカさんも、これまで大事に至らず済んで
やはり、その好みを理解したうえでぴろりんさんが
全力で気を付けておられるからでしょうね。

私も退院希望なんです。
一晩考えて、やっぱり退院だ!退院しかない!と勝手に走ってます。
もし熱があるからダメ、と先生に言われたらこう言おう、こうお願いしよう
と現在シュミレーション中です(笑)

2013年|12月|30日|10:05 |from くろまる| URL

ぴか店長へ


ぴか店長、お忙しいのに私のこの更新頻度の少ないブログを覗いて頂いたのですねーーっv-237

手術は成功したのですから、あとは環境の問題だ!
と私も勝手に結論付けています。
元気になりますよね!?私もその言葉で元気になると確信してしまいました!

何と、茶色さんは発泡素材好きの仲間でしたかっ!
スリッパ代わりにしてるサンダル?!?!
おお・・・そんな物があったか・・・
確かにアレは近い食感のような気がしますね。
我が家の発泡素材は撲滅したつもりでしたが
そういうサンダル、我が家にもあるな・・・
あれは噛んだ事ないのだけど、今回のオモチャを捨てちゃったら
もしかして矛先を変えるかも??注意して観察しないと!

ビニール誤食の子って、私の想像では勝手にスーパーのビニールだったんですけど
洗剤の入ってる固いヤツまで噛んでしまうと?!
想像の域を超える共に、ゾゾゾーッとしてしまいました。
コワイ。詰め替え用、買えない。。。と鳥肌モノでした。

雪ぽん好みの発泡素材は、撲滅が可能と言えば可能ですが
絶対無理な物を噛む子は本当に困りますよね。
飼い主さんの苦労と工夫が必須で・・・それも限界がある。
皆さん色々気を付けているんだなあ、と
好んで与えていたアホ飼い主の私は反省するばかり。

前に店長のひらめきで購入した醤油のタレビンはまだ少し残っているので
当面、あれで遊んであげるつもりです。
遊んでくれるといいな・・・

2013年|12月|30日|10:15 |from くろまる| URL

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013年|12月|30日|10:25 |from -|

No title


忙しくてご無沙汰してたら(/_;)
雪ぽん大変な事になってたじゃないですか(;_;
開腹手術だなんて
テレビの動物病院とかの番組で誤食で手術って見たことがあるけど、まさか雪ぽんが!
それにこのボール我が家にも同じものがありますが好きです
噛んでます
これ系のボールって何個かあるんですけど正確な個数は把握してない
人ごとじゃないって思いました
雪ぽんの話を聞いててドキっとしました
うちも誤食するんです
いちごはチビの頃トイレ砂
あんずはビニール
あんずは未だにやります気をつけてはいるけど、たまに吐いてます
雪ぽんの事で気を引き締めなくっちゃって思いました
雪ぽん入院は辛いでしょうね
くろまるさんも辛いでしょうね
ミーたんは寂しいでしょうね(/_;)
今日退院できたかな?熱があるから無理かな?明日には退院できるかな?
おうちで大みそか新年迎えてほしいです
雪ぽん早く退院できるといいね
雪ぽんファイト!!!

2013年|12月|30日|16:02 |from もものまま| URL 【編集】

もものままさんへ


もものままさん、コメントどうも有り難うございます~v-100

そうなんです。この、一年で一番忙しい時期に。。。
私もアレコレ用事や予定もありましたが
ことごとくキャンセル、全て雪ぽんに捧げる覚悟ですv-356

もものままさん宅にも同じボールがあるのですか?
噛むだけならいいですけどね、飲み込まなければ。。。
ウチも、歯型を付けるだけなら可愛いモンだったのですが。。。

この手の発泡素材は身の回りのアチコチにはありませんが
ビニールはそこらじゅうにあるから
気を付けるのも大変ですよね><
万一誤食しても、吐いたり、下から出せるレベルの
小ささに噛んでくれてればいいんですけどね。
猫砂は、小さいから万一飲んでも出て来るだろう、とは思うけど
成分的に、大丈夫かな?と心配になりますね。
今はいちごちゃんも卒業したのかな?良かったですね!

今回のことで、開腹手術の猫への体の負担は計り知れないと思いました。
発熱を引き起こしたばかりではなく
今回の麻酔が引き金で、将来、腎臓系の病気を導くのでは、という懸念もあり
つくづく、自分の甘さが原因で得た代償は大きいと反省しておりますv-406

2013年|12月|31日|00:28 |from くろまる| URL

非公開コメント

トラックバック

http://nekotekiintoyou.blog114.fc2.com/tb.php/1005-c76c6cb7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。